7/7にパラキャリ酒場に磯部がゲスト出演します

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

(以下、パラキャリ酒場から引用)

パラキャリ酒場の、オンライントークショーを7/14(火)20時から開催!コロナをきっかけに「個人で稼げるようになりたい」「会社=安定という前提が崩れたので今後のキャリアを再考したい」「テレワークができる環境に身を置きたい」など、ご自身の働き方について考え直している方も多いのではないでしょうか。とは言え、不況の上に数か月後の見通しも経たない今、どう行動すればよいかわからないと悩んでいる方もいらっしゃると思います。

今回は、株式会社福水戸家をはじめ3社を経営する磯部一郎さんをお招きします。

福水戸家さんは、主に日本橋エリアでDXコンサルティングやコワーキングスペース「いいオフィス日本橋」の運営をしている会社です。しかし、コロナ禍によってコワーキングスペースを一旦クローズし、対面のコンサルティングも難しくなるなど、状況が一変したそうです。そんな中、磯部さんはどのようにピンチをチャンスに変える経営判断をしてきたのでしょうか。前半では、磯部さんのこの半年の判断と行動を詳しくお伺いします。後半では、先が見えないWithコロナ時代をいかにサバイバルするかについて、ざっくばらんにトークします。

先行きの見えないこの時代に、誰にでも当てはまる「正解」はありません。ご参加の方お一人お一人にとって、今後のキャリアやビジネスを考えるにあたり、それぞれ違うヒントを持ち帰る時間になれば幸いです。

❒トークテーマ

①磯部一郎さんがこの半年で行った経営判断(30分)
②Withコロナ時代をどうサバイバルするか(30分)
※前半の①が、かなり濃い内容になります。途中からだと理解が追いつかない可能性が高いので、遅刻のないようご参加くださいませ!

❒日時・スケジュール
7/14(火) 20:00~21:00

❒予約方法
Peatixからチケットをご予約ください。
①一般チケット…1,100円

Peatix

②Facebookシェア割チケット…無料(申込から3日以内にFacebookイベントページを、ご自身のFacebookのタイムラインで「公開」設定でシェア)
Facebook
ご予約の方に、開催1時間前にzoomのURLをpeatixのメッセージ機能でお送りいたします。

定員30名の予定です。
☆いいオフィス日本橋プレミアム会員の方のご参加は無料です。②のチケットからお申し込みください(シェアしなくてもご参加できます)。

❒出演者紹介
●磯部一郎さん
中小企業向けのDX(デジタルトランスフォーメーション)コンサルティング、人間力開発、地域社会の再生、コミュニティ創りを得意とする。2015年に悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫)が発病。抗がん剤治療、放射線治療経て、2016年に造血幹細胞移植を行うも失敗。2017年に臍帯血移植を行うが再発。2018年に免疫治療を実施するも副作用で右眼を失明。2020年6月末に余命宣告を受けるが奇跡的に生存。現在は自宅療養しながら闘病中。経営と病気の経験から人に勇気を与える活動、IT投資や情報発信の推奨、日本橋エリア(東京都中央区)の中小企業支援、IT業界の構造転換、町内会における新旧住民の融合、起業家支援、パラレルキャリア構築支援、都心における地域社会マーケティング、DX時代の人事戦略など多岐に渡る活動を行なっている。
https://isobe-ichiro.com/

●高村エリナさん(ファシリテーター)
出版社に勤務しながら、2018年夏にパラレルキャリア研究所を設立。お酒を片手に パラレルキャリアについて考えるトークイベント「パラキ ャリ酒場」、事業やプロジェクトを立ち上げ・運営したい 方向けの講座シリーズ「ゼロイチ予備校」を主宰。NPO 法人奔流中国代表の著書『馬上の旅人』の編集をプロボノ で手掛け、amazonカテゴリランキング3部門で1位 。
https://share.jp/work-style/parallel-career/erina-takamura/

❒留意事項
※放映内容・スクリーンショットをSNSやメディアに掲載したり、取材が入ったりする可能性がございます。予めご了承の程お願いいたします。写りたくない方は、お名前の変更・カメラオフをお願いします。
※通常イベント時と同様にご参加の方による録音・録画は禁止、スクリーンショットも禁止となりますのでよろしくお願いいたします。
※本イベントの内容について、取材・掲載をご希望の場合はお問い合わせください。