福水戸家バーチャルオフィスのご紹介

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

福水戸家はもともとは芸者の置屋。昔ながらの日本家屋をそのままオフィスにしました。2階建てで女中達が家の中をしきっています。oViceというバーチャルオフィスのアプリケーションを採用しています。oViceでは本物のオフィスさながらに近づくと会話が聞こえ遠ざかると会話が聞こえなくなったりします。URLは公開しておりませんが、どなたでもご来社することが可能です。

1階はFukumitoyaOpenSpaceと呼ばれる空間です。協力会社の方々に解放しており、自由に出入りすることが可能です。

2階はFukumitoyaWorkSpaceと呼ばれるセキュリティフロアです。限られたメンバーのみ出入りし、ここで大半の業務が行われております。

弊社のコンサルティング紹介動画でもバーチャルオフィスが登場します。是非、ご覧ください。